男性

AEDがあれば人命救助ができる|万が一の時のために

  1. ホーム
  2. 命を救う特殊機械

命を救う特殊機械

男女

日本において、近年死亡率が高い疾患の1つとして心疾患が挙げられる。その数はおおよそ20万人とされている。この心疾患から命を救えるのがAEDである。AEDは自動化された(Automated)、体外式の(External)、除細動器(Defibrillator)の略である。心疾患の1つに心停止があり、その心停止を引き起こす要因の1つとして心室細動がある。心室細動は心臓が細かく震えてしまうことで、血液を送り出すことが難しくなってしまい、心停止を引き起こすものである。AEDはこの心室細動に対し、電気ショックを与えることでその改善を図る機械である。近年、AEDが設置されている場所や施設が増えつつある。AEDは誰でも簡単に操作でき、命を救える機械として注目されている。その操作方法はまず、本体の電源を入れることから始まるが、機種によってはAEDの蓋を開けるだけで電源が入るものもある。次に、倒れている人の服を脱がし胸を露出させ、内蔵されているパッドを胸の右上と左下に貼り付ける。この間も胸骨への圧迫は続ける。パッドを貼り終えたら、AEDが自動で解析を始め、電気ショックが必要な場合ショックが必要と指示が出る。その指示に従い、電気ショックを与えるのである。この操作は指示にAEDの自動音声の従って行うだけで済むので、初めての人でも使うことができる。このAEDを2分以内に使用することで救命率が高まり、また、1分以内に使用することで更に救命率を高められるのである。