女性

AEDがあれば人命救助ができる|万が一の時のために

命を救う特殊機械

男女

AEDは、比較的死亡者数の多い心疾患の内、その1つの要因である心室細動に対して使用する機械である。誰でも使用できること、その普及率の高まりから近年注目されている。AEDをできるだけ早く使用することで救命率を高めることができる。

命を守るためのお手入れ

心電図

AEDは、異常が生じた心臓を電気ショックによって正常な状態に戻すことができる医療機器です。最近の製品は、AEDが自ら検査をしてくれる機能がついているものが大半だが、最終的には管理人の目でしっかりと検査をし、交換等を行う必要がある。

レンタルも利用できる

婦人

目的に応じた選択を

心肺停止状態に陥ってしまった人を助けることが出来るAEDですが、徐々に認知度を高まっており導入する企業や施設が増加してきました。しかしAEDを導入する際は、導入する目的に応じた機器選びが非常に重要となります。それでは何に注意すればよいのでしょうか。AEDを選ぶ際のポイントは設置場所と所有期間です。まずはAEDをどこに設置するつもりでいるのかを明確にし、その設置場所の特徴を理解することが大切です。例えば、工事現場にAEDを設置するとします。工事現場は基本的には騒音が発生しており、音声をハッキリと聞き取ることは困難だと言えます。そのような環境において、音声説明しか搭載されていないAEDを設置してしまうと、工事現場の騒音によって音声説明が聞き取れず、正しい使い方が出来ずに人命を救うことが出来なかった、ということにもなりかねません。AEDは一見どれも同じように見えるかもしれませんが、それぞれ異なる特徴を持っており、設置場所の条件とAEDの特徴が一致していなければなりません。次に所有期間です。どれくらいの期間所有するのかによって買うべきなのかレンタルすべきなのかが変わってきます。マンションや会社などのロビーに常に置いておくならば購入する方が安くなりますが、工事現場のように一時的な場所に設置するのであればレンタルする方が安くなります。購入とレンタルではAEDの種類が異なることもあるので気を付けましょう。

設置が推奨される理由

スーツ姿の人達

AEDは心停止の患者の命を救うのに役立ちます。心停止から市に至るまでの時間は分単位です。救急車をも待っていても、助からない見込みが多くなっています。そのため、AEDの設置を推奨する施設が多くなっているのです。